善管注意義務

善管注意義務

9.善管注意義務とは
 
借主の故意・過失や通常の使用方法に反する使用など、
借主の責任についての考え方として、例えば民法第400条があります。
 
民法第400条では、他人のものを借りている場合、
借主は契約してから契約終了時に物件を貸主に明け渡すまでの間は、
相当の注意を払って物件を使用・管理しなければならない
という意味のことが規定されています。
 
これを「善良なる管理者としての注意義務」といい、
一般には略して「善管注意義務」といいます。